レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

「レストランマジック」
って、なに??

最近ではレストランやバーなどの飲食店で、マジシャンが各テーブルに来て
マジックを見せてくれるサービスをしているお店も増えました
レストランマジック研究所
ただし飲食店でのマジックや、カクテルパーティーのように
立ったままマジシャンが人の間を抜けていきつつマジックを披露する
スタイルのマジックは、通常のマジックスタイルとは異なります

フランスのマジシャン、デビット・ストーンがその本の中でも書いている通り
テーブル・ホッピングや
レストラン・マジックは
”昔ながらの”マジックとは全く異なる

ものなのです

その差を知らないと、お店にもお客さんにも
迷惑をかけてしまうことがあり、クライアントからの
信用・信頼などを獲得できないということも・・
レストランマジック研究所2

昔ながらのマジックとレストランマジックとの差や違いを学び
そういった場に合うマジックそのものもに関しても手に入れ
クライアントへ価値の提供をできるマジシャンになるため
このサイトを活用して、レベルアップをしていってください


レストランマジック研究所からの無料コンテンツプレゼント!

ようこそお越しいただきありがとうございます。
折角いらしたので、ぜひ僕からのコンテンツプレゼントをお受け取りください。

不定期でコンテンツを入れ替えますので、しっかりとチェックしてみて下さい
また、こんなコンテンツに興味がある! こんなことを知りたい!!なんてことがあれば、フォームなどで
お伝え頂ければ、頑張るかもしれません(笑)
どちらをゲット?
実践的感情マネージメント ミスディレクション

数限りなく発売されるマジックのDVD、それらの多くに目を通し
さらには、プロマジシャンの視点からのチョイスをご紹介します。
不定期メルマガですが、是非ご登録ください!
マジックメルマガ:DVDどうでしょう

【数量限定】Simply Impromp2 合本

カードマジック作品集「Simply Impromp2」
第3段までリリースし、非常に好評です!!
元々1冊ですので、数量限定で合本にてリリース!!

Simply Impromp2
↑上記画像をクリック↑
ページ数は原著の1.5倍、そして重さは500グラムを超えました。
読みきるのにちょっと気合がいる迫力ですが、中の作品たちは
難しくないトリックばかりですので、今までの分冊を手に入れてない方は
バラバラに買うよりもお得ですので、こちらはいかがですか??

コールドリーディング・フォー・マジシャンズ

メンタリストや占い師が活用する秘密のテクニックである
コールドリーディング
そのテクニックを、レストランマジシャンが使うなら?
実用的で効果的なレベルで、ベテランのメンタリストが
まとめたノートを完全日本語翻訳。
Cold Reading for Magicians
↑上記画像をクリック↑
極めて普通なトリックが、このテクニックで
相手の印象に残るトリックへ変わります!!

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • RSSを購読する

ウィズコロナでのホッピング注意点:適切な知識と対応を


さて、2020年の7月
そろそろ店舗によってはマジシャンを動かすという事を
し始めたお店も出てきました。
 
1つには、飲食店に人が戻ってきてくれるように
なってきたから、という部分があるでしょう。
 
あくまで、僕らレストランマジシャンは
レストランの軒先を借りて、一緒にお客さんに
楽しんでもらうのが仕事です。
 
ですので、レストランとしての部分が大丈夫にならない限り
仕事は戻ってきません。
何せ、一番の人件費食いですので。
(この辺は、コスチャのDVD、コンテンツをご覧ください)
 
家の中に籠った時間が長くなってきて、外に出て食事をする
という普通のことが、実はとてもワクワクすることである
という事に再実感できたと思うんです。
 
そこに、さらなるスパイスになる
マジックというものが、実は店舗に取って
プラスになるという事を実感してもらいやすい
タイミングなのかもしれませんが
もちろん注意すべきことはあります。

それが第2の事柄になってきて・・・
→『ウィズコロナでのホッピング注意点:適切な知識と対応を』の詳細ページへ

台詞、会話、トーク 何が重要になる?


コロナの中、飲食店などでマジックを演じるチャンスは
各段に減ってしまいました。
 
まあ、まずはお世話になる飲食店が
普通に商売できるくらいにならなければ
そこでマジシャンを動かすってことには
ならないでしょうし。
 
ですので、様々な所に呼ばれる営業のマジシャンの方が
まずは仕事が戻ってくるでしょう。
クロースアップよりもステージなどから
お呼びがかかる可能性が大きいことも見えます。
 
さて、リアルの場で演技のチャンスがないなら
オンラインの場に人が移行してくるのも分かります。
人が増えれば意見も活発に行きかい
そういった場で知識の共有なども行われ
新しいものが生まれていくものです。
 
もちろん、プラスの事もマイナスのこともあるでしょう。
 
少しだけ違和感を感じたことがありまして
それが「トーク」という言葉でした。
→『台詞、会話、トーク 何が重要になる?』の詳細ページへ

コロナ影響下でマジシャンのできること ~安全な演技のために~


緊急事態宣言が解除された地域も出てきて
マジックバーなども、試行錯誤されつつ
また動き始めているようです。
 
恐らくここからも、色々と起こると思いますし
ガイドラインのようなものは
少しずつアップデートされながら
提案されていくことでしょう。
 
マジシャンがいることがベースにあるお店なら
お店のルールのようなものも作りやすい
とは思います。
 
ただ、レストランホッピングのように
いつもはマジシャンがいない所に
マジシャンが行って演じるのは、まだまだ気を払う
事柄があると思います。
 
パーティーや何らかの集まりへ営業で呼ばれて
演技をする際も、クライアントや
お客様への対応は注意しないといけないわけです。
 
自分もお客様も安全に演技をしないと、ですからね。
詳しくは、コンテンツとしてありますので
こちらからどうぞ 
⇒ デビンナイト:Safe Shows During Covid-19 Pandemic PDFコンテンツ 
 
さて、こちらのコンテンツも少々踏まえ
より具体的なアイテムを今回は紹介していきたいと思います。
→『コロナ影響下でマジシャンのできること ~安全な演技のために~』の詳細ページへ

マジックショップ、始めてます!!


レストランマジック研究所では、今までオリジナルのコンテンツを
扱ってきました。
 
僕が演じてきたトリックや経験上及び様々なマジシャンから
学んできた事柄などを僕のフィルターを通して言語化し
コンテンツにしたものです。
 
一時期は全部ダウンロードのモノにしようかと思ったのですが
やっぱりDVDの方が喜ばれることもあり
当分は、コンテンツの内容を検討しつつ
DVDかダウンロードやサイトでの視聴タイプと
併用していきたいと思います。
 
このサイトでの購入に関しては
「レストランマジック直売所」
または
「レストランマジック書房」
で、コンテンツの購入が可能なのですが
更に、ストアーズのシステムを使用して
利便性が上がっております。
 
正直ストアーズはショップのシステムですので
見た目に関してもしっかりとショップを
スタートしております。
→『マジックショップ、始めてます!!』の詳細ページへ

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP