レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

「レストランマジック」
って、なに??

最近ではレストランやバーなどの飲食店で、マジシャンが各テーブルに来て
マジックを見せてくれるサービスをしているお店も増えました
レストランマジック研究所
ただし飲食店でのマジックや、カクテルパーティーのように
立ったままマジシャンが人の間を抜けていきつつマジックを披露する
スタイルのマジックは、通常のマジックスタイルとは異なります

フランスのマジシャン、デビット・ストーンがその本の中でも書いている通り
テーブル・ホッピングや
レストラン・マジックは
”昔ながらの”マジックとは全く異なる

ものなのです

その差を知らないと、お店にもお客さんにも
迷惑をかけてしまうことがあり、クライアントからの
信用・信頼などを獲得できないということも・・
レストランマジック研究所2

昔ながらのマジックとレストランマジックとの差や違いを学び
そういった場に合うマジックそのものもに関しても手に入れ
クライアントへ価値の提供をできるマジシャンになるため
このサイトを活用して、レベルアップをしていってください


レストランマジック研究所からの無料コンテンツプレゼント!

ようこそお越しいただきありがとうございます。
折角いらしたので、ぜひ僕からのコンテンツプレゼントをお受け取りください。

不定期でコンテンツを入れ替えますので、しっかりとチェックしてみて下さい
また、こんなコンテンツに興味がある! こんなことを知りたい!!なんてことがあれば、フォームなどで
お伝え頂ければ、頑張るかもしれません(笑)
どちらをゲット?
アンダーグランド・パブリッシュ・メソッド 実践的感情マネージメント

数限りなく発売されるマジックのDVD、それらの多くに目を通し
さらには、プロマジシャンの視点からのチョイスをご紹介します。
不定期メルマガですが、是非ご登録ください!
マジックメルマガ:DVDどうでしょう

コールドリーディング・フォー・マジシャンズ

メンタリストや占い師が活用する秘密のテクニックである
コールドリーディング
そのテクニックを、レストランマジシャンが使うなら?
実用的で効果的なレベルで、ベテランのメンタリストが
まとめたノートを完全日本語翻訳。
Cold Reading for Magicians
↑上記画像をクリック↑
極めて普通なトリックが、このテクニックで
相手の印象に残るトリックへ変わります!!

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • RSSを購読する

カードがひっくり返っている事 ~その2手と現象のパワー~


マジシャンが精いっぱいのおもてなしをするとしたら
どうすると思います?
 
恐らくは、多くのマジシャンが
嫌ってくらいに、沢山の不思議なマジックを
やってくれると思います
 
ただ、見ている側にとっては
それがおもてなしなのか
拷問をされているのか
判断が難しい所でしょう(笑)
 
マジシャンからしたら、不思議なものを相手に示さないと
と思うことが多いのでしょうが、実際には
見ている方と、こちらの不思議を感じる程度が
非常に異なっていることが多いわけです
 
もっと言えば、マジック好きな人なら
そりゃあきちんとマジックが出来てないと嫌でしょうが
たまたまマジシャンに出会って、マジックを見ている人なら
別に上手く行こうか、行くまいが、楽しけりゃいい
位なものでして
 
お酒の飲めない僕だって、むさくるしい男が隣に来るより
そりゃあ綺麗な若い女性が隣に座って
お酒でも注いでくれる方が、本能的に選択するわけです
 
一般のお客様は、僕らが考えるよりもはるかに
不思議を不思議がってくれる
ということを、理解しておくべきだと思いますし
何なら、不思議なんていらないってことを心に留めておく
べきかと
 
覚えたカードをデックに戻し、よく混ぜたのに当たる、とか
いつの間にか選んだカードがひっくり返る、位で
十分に不思議なんですよ
 
個人的な経験から言えば、カードがひっくり返っているって
とてもインパクトのある現象なんですよ
ホント、なめちゃダメ!
 
ということで、今回はカードのリバース現象に関して・・・
→『カードがひっくり返っている事 ~その2手と現象のパワー~』の詳細ページへ

スタンダードな4種のマジックのワレット~特徴とその機能~


クロースアップマジックにおいて、ワレットは様々な
役割を持っています
 
サインカードが出てきたり、秘密の情報を読み取ったり
密かに何かをすり替えたり
 
それぞれの用途のために、様々な仕掛けが施されていますので
適切に使えば非常に強力な武器になるのですが
その適切なタイミングや、仕掛けの特徴を理解してないと
効果が発揮されにくいわけです
 
マーケットには非常に沢山のワレットが出ていますが
基本的な機構に関しては、思った以上に限られていて
その機構を理解し、向いている状況を理解すれば
新しいワレットであっても、上手く使えるはずです
 
今回は、カードが移動する、ということに関して使われる
ワレットを取り上げたいと思います
 
ちなみにですが、ものをスイッチする際に使用する
ヒンバーワレットでも、サインカードの移動などはできますが
メインの機構や現象ではないので、ここでは取り上げません
 
もしご興味ある方は、研究所のコンテンツを手に入れてみてください
⇒ ヒンバーワレット・コンテンツ
 
では、まずは・・・
→『スタンダードな4種のマジックのワレット~特徴とその機能~』の詳細ページへ

一瞬でマジック! クイックトリック6選


マジックのトリックを分類する方法はいくつもあると思います。
 
ステージやクロースアップなどとサイズ感で分けたり
現象で分けてみたりなど
 
そして、特にクロースアップ分野で使われる
表現として
「クイック・トリック」
という物があります
 
これはその名の通り、一瞬で終わるような
そんなトリックの総称になります
 
例えばホッピングでのレストランやバーなどの場合
お客様の所にいることのできる時間が少ないために
1手順が短くなります
 
その中で、クイックな手順をいくつか演じることで
沢山見た満足感も同時に得てもらおう、という感じで
クイックなトリックが重宝することもあります
 
また、お酒を飲まれている方にとっては
長い手続きを記憶しているのは、難しくなります
しかも、時間的に深くなれば、さらに難しく
そこでクイックなトリックを演じることで楽しんでもらう
というのもあるでしょう
 
クイックなトリックの特徴としては
手続きが短く、不思議が起こるまで時間がかからず
ビジュアルなトリック

というものになってくると思います
 
先日ある状況下において、クイックトリックが
効果を発揮するんだろうと、実感したのです・・・
→『一瞬でマジック! クイックトリック6選』の詳細ページへ

マジックと関連しない分野から学ぶ:TOC理論


他分野から学ぶというのは、当たり前の事柄だと思っています
マジックだからと言って、マジシャンだからと言って
マジックの事しか知らないのは、決してプラスではないはずです
 
とはいえ、何かの山の頂まで登った人なら
他の山の登り方や見える風景がどんなものかってことも
なんとなくは分かってくるものだと思っておりますが
 
僕自身は、山の頂まで登った感覚がないので
ある意味で手っ取り早く他分野から学び、マジックに転用する
ということの方を意識的に行います
 
簡単に言えば、怠け者なもので(笑)
学べるものは学んでしまいたい、ということです
 
そして、最近学んだ理論が「TOC」というものです
今さら?と言われそうですが、どちらかと言えば
製造業だったり、チェーン展開するお店で取り入れられる理論なもので
 
僕みたいに、自分一人で何かするって人には
あまり関係のない理論なのです
 
制約理論と言われるもので、この理論のような考え方で
自分のマジックやアクトを考えてみたら?と思ったのです
→『マジックと関連しない分野から学ぶ:TOC理論』の詳細ページへ

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP