レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

「レストランマジック」
って、なに??

最近ではレストランやバーなどの飲食店で、マジシャンが各テーブルに来て
マジックを見せてくれるサービスをしているお店も増えました
レストランマジック研究所
ただし飲食店でのマジックや、カクテルパーティーのように
立ったままマジシャンが人の間を抜けていきつつマジックを披露する
スタイルのマジックは、通常のマジックスタイルとは異なります

フランスのマジシャン、デビット・ストーンがその本の中でも書いている通り
テーブル・ホッピングや
レストラン・マジックは
”昔ながらの”マジックとは全く異なる

ものなのです

その差を知らないと、お店にもお客さんにも
迷惑をかけてしまうことがあり、クライアントからの
信用・信頼などを獲得できないということも・・
レストランマジック研究所2

昔ながらのマジックとレストランマジックとの差や違いを学び
そういった場に合うマジックそのものもに関しても手に入れ
クライアントへ価値の提供をできるマジシャンになるため
このサイトを活用して、レベルアップをしていってください


レストランマジック研究所からの無料コンテンツプレゼント!

ようこそお越しいただきありがとうございます。
折角いらしたので、ぜひ僕からのコンテンツプレゼントをお受け取りください。

不定期でコンテンツを入れ替えますので、しっかりとチェックしてみて下さい
また、こんなコンテンツに興味がある! こんなことを知りたい!!なんてことがあれば、フォームなどで
お伝え頂ければ、頑張るかもしれません(笑)
どちらをゲット?
 コントロールハック 7つの秘密 ストップカード・基本編

数限りなく発売されるマジックのDVD、それらの多くに目を通し
さらには、プロマジシャンの視点からのチョイスをご紹介します。
不定期メルマガですが、是非ご登録ください!
マジックメルマガ:DVDどうでしょう
2021年から、ダウンロードコンテンツ化されたDVDを中心に
紹介をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

最新刊! 日本語翻訳版ノートダブルデッカー

今回のコロンビニは、2デックでのカードマジック
いつも通り、簡単にできて
インパクトのある手順がいっぱいです!!
ダブル・デッカー
↑上記画像をクリック↑
メンタルマジック多めになっていますが
クロースアップからサロン位のサイズまで
使えるカードマジックを手に入れることになります。
非常に評判のいいシリーズのレクチャーノートです。

コールドリーディング・フォー・マジシャンズ

メンタリストや占い師が活用する秘密のテクニックである
コールドリーディング
そのテクニックを、レストランマジシャンが使うなら?
実用的で効果的なレベルで、ベテランのメンタリストが
まとめたノートを完全日本語翻訳。
Cold Reading for Magicians
↑上記画像をクリック↑
極めて普通なトリックが、このテクニックで
相手の印象に残るトリックへ変わります!!

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • RSSを購読する

「センス」って何? ~使う場面などからその意味を~

マジックだけではないと思いますが
何かを習得?などをしようとしていると
その「能力差」のようなモノを感じることがあります。

なんと言語化していいのか、難しいのですが
多くの場面では「センス」という言葉で
表現されているのではないでしょうか?

センスのある・なしと言うものは
確かに如実に存在すると思うのですが
それに関して、具体的にはどういった事なのか?
また、センスを磨くための作業はどのような事をすればいいのか
なんてことは、全く分からない状態です。

たまたま最近、考えていることがあり
「センス」と言うものの一端を
捕まえられたのかもしれない?という
感覚にも。

なので、今回はセンスと言うものを
ちょっと深堀してみたいと思います。
あくまで僕の中での言語化なので、ピンとこない方も
いるかと思いますが、何かの参考にはなるはずです。

→『「センス」って何? ~使う場面などからその意味を~』の詳細ページへ

最近リリースのコンテンツたち

ちょっと久々になりましたね、こちらの記事を書くのは。
実はその間に、だいぶたくさんのコンテンツをリリースしております。

なんか、季節ごとに新作を出していくパン屋さんみたいに
それなりの頻度で新しいものを出しているので
もしそのパン屋に足を運んでいないと、面白いものが手に入らない
なんて事にもなりかねませんので。

僕の場合には、自分のものと訳した物があって
それらがホントに順不同でリリースされておりますので(笑)
自分でもどうだったっけ?なんてなる位です。

日本語ノートの方だと、たまに
「いつも買っているんですけどね、これは持ってたかなあ?」
なんていわれる方もいらっしゃったり。

コンベンションとかでの物販は、紙物は重たくなるので(笑)
あまりノートは持っていかないのですが
それでも多少は持っていってみると、一気買いする人も
いらっしゃったりします。

最近、研究所のコンテンツを手にしてないなあ
なんて思っている方は、要チェックの記事になりますね。

→『最近リリースのコンテンツたち』の詳細ページへ

小さな子供に演じるマジック考

2022年、新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。

さて、最近は世間が長期の休みになる期間に
某リゾートマンションにうかがわさせて頂く事が多くなり
その間は、まさに必死になってマジックしたり
色々と生きております。

で、結構ご家族連れが多くって、しかも年齢小さめのお子さんも。

というか、そういった別荘に、お酒が飲めるくらいになった
自分の子供と一緒に来られる親って、結構いい親子関係なんだろうなあ
って思うのですが。

さて、小さな子供相手にどのようにマジックするのか
というのは、マジシャンにとって結構なプロブレムでして。

チップのことやテーブルアプローチなどからしたらあまり語られる
ことはないのかもしれませんが、でも大きめの主題に
なってくるとは思います。

いろんな方が、いろんなコンテンツをリリースしてくれていますので
勉強になりますし、痛い目を見る前に対策が分かるというのは
ありがたい限りです。

ただ、人それぞれ状況が異なりますので、そういった部分を
上手に読み替えて?翻訳して?まずはインプットしてみて
そして実際にお客様へのアウトプットを経験し
そこからさらに、どういった効果があるのかを自身の経験として
身につけて行くことになるでしょう。

僕の場合、キッズショーというのは恐らくお断りすることに
なると思うんです。その自信はありません。
あくまで飲食店に親と一緒に来ている子供の対応方法
およびどうしているのか、ってことになります。

→『小さな子供に演じるマジック考』の詳細ページへ

海外マジック商品の注意点~使うことを考えて~

マジックショップとしては、非常に極小な感じで
やらせていただいております
レストランマジック研究所小林です。

最盛期よりも商品が作られていく速度は
遅くなっているのですが
それでも、世界中から仕入れることができるこの時代
かなりの数の商品が日々アップされて行っております。

その中から各ショップが選択眼を持って
扱う商品を選び、自分のお店で販売していくわけですが
レストランマジック研究所としては
実際の場で演じることを、大きめに考えます。

これは耐久力とか使いやすさ、トリックだけではなく
その前後のことも考えて商品を選んでおります。

どんなに強力なトリックであっても、1回演じると
1000円位コストがかかるとなると
レストランで演じるには難しいですよね?

繰り返し演じるには、少々問題点があるなあ
なんてことを感じるようなギミックは
その先を考えてしまって、取り扱うにはリスクが出るわけです。

ご購入される方は、そこまで考えないで
「面白い!」と思って購入されるのですが
いざ演じようとすると、実は制約が色々とあった!
なんてことも。

僕らは慣れているので、プロモーションの動画を見ただけでも
(場合によってはディーラーにはメーカーから解説の動画が提供されることも)
その制約やリスクは同時に判断できることが多いです。

その中で、特に注意して欲しい点をお伝えしておきますね。

→『海外マジック商品の注意点~使うことを考えて~』の詳細ページへ

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP