レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

アルドコロンビニノート 日本語化第1弾

準備なし、借りたデック、混ざったデックからでももちろん演じられる
簡単でシンプルなトリックが詰まったノートを完全日本語化です!
コロンビニノート第1弾 面白いトリック、テクニックが見つかりますよ。

イギリス アンダーグランドマジシャンのノートを完全翻訳!

シンプルながら、使えるテクニックとその周辺テクニックなどを
広くカバーしているレクチャーノートです。
プロフェシームーブ 初心者から上級者まで、楽しめる内容になっています!

レストランマジック研究所からの有料級コンテンツ!

ようこそお越しいただきありがとうございます。
折角いらしたので、ぜひ僕からのコンテンツプレゼントをお受け取りください。

不定期でコンテンツを入れ替えますので、しっかりとチェックしてみて下さい
また、こんなコンテンツに興味がある! こんなことを知りたい!!なんてことがあれば、フォームなどで
お伝え頂ければ、頑張るかもしれません(笑)
どちらをゲット?
ミスディレクション レストランマジシャンズガイドブック
上の画像をクリックしていただき、メールアドレスなどを登録していただければ
あなたのマジックをレベルアップする情報が、無料で手に入ります!


数限りなく発売されるマジックのDVD、それらの多くに目を通し
さらには、プロマジシャンの視点からのチョイスをご紹介します。
不定期メルマガですが、是非ご登録ください!
マジックメルマガ:DVDどうでしょう
プロマジシャンが「使えるDVD」を語っている数少ないメルマガです。

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • RSSを購読する

見えない力:声のトーンや速度

マジックを滑らかに演じるためには
それなりに「場の支配力」を
持っていないといけないと思います
 
イニシアチブを持っておく
という言葉が説明が
一番楽だとは思いますが
この方法は様々です
 
年齢的に上になって来れば
お客さんの方が年下になるために
話に耳を傾けてくれるとは思います
 
でも、若いうちにはそういったことも難しい
タイミングが少なからずあるはず
 
そういった経験をすると、一番ありがちなのが
「速度を上げて、相手の突っ込む間を与えない」 
という方法です
 
もちろん、1つの方法ではあるのですが
何でしょうねえ・・・・こう、疲れるというか
面倒というか(お客さん側の感覚ですよ)
そんな感じになってくるんですよね
 
無理やり、力技でコントロールしているわけなので
それに違和感というか、摩擦を感じる人は
一定数いるわけです
 
そういった相手に伝わる方法を使うのではなく
無意識下で、こちらの言うことを聞いてくれたり
ある程度のイニシアチブを取っていく方法もあるわけです
→『見えない力:声のトーンや速度』をもっと読む

Killer Koncept

目下翻訳を進めている
コロンビニのレクチャーノートシリーズ
ですが、第2弾はこちら
Killer Koncept
です
 
実際にはPDFでのデータは
すでに出来上がっていますので
販売には着手できるのですが
システムの変更が
まだ進んでないという状態でして・・・
 
まあ、急ぐものでもあるまいし
順次行っていきます。

予定では、9月頭くらいから
冊子の販売になるかと思います

もしPDFでいい、すぐに欲しい!という方は
ご連絡いただければ対応させていただきます
→『Killer Koncept』をもっと読む

A Cut Above the Rest訂正部分

コロンビニ日本語冊子
第1弾である「A Cut Above the Rest」
ですが、複数店舗での取り扱いもあり
非常に好評なお声を頂いております
 
もちろんこれからもコロンビニ冊子に関しては
日本語版をリリースしていく予定ですが
どうしても避けられないのが、誤字等です
 
各ノートに関してページを作り
このサイトでまとめておこうと思っております
ですので、お気づきになった部分は
フォームなどでご連絡いただけると幸いです
 
ここでは、「A Cut Above the Rest」訂正を
させていただきたいと思います
 
もちろん、再度冊子製作の際には、修正していきたいと思います
→『A Cut Above the Rest訂正部分』をもっと読む

安らかに、ユージンバーガー

2017年8月8日
ユージンバーガー氏がお亡くなりになりました
どうも、末期がんだったようで
本人はある程度の覚悟のうえで
ここ数年の活動をしていたのでは
ないでしょうか
 
2015年にマジックランド主催の
箱根クロースアップ祭りで
日本にお越しになったのが
最後になると思います
 
僕自身は、その後ジニーコンベンションでの
演技を拝見させてもらい
ビザ―マジックのプログラムがあったので
ユージン氏の一番得意なパターンでの
演技を楽しめたのかもしれません
 
もちろんその時には、お元気に
演技をされていました
 
→『安らかに、ユージンバーガー』をもっと読む

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP