レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

レストランマジック研究所からの有料級コンテンツ!

ようこそお越しいただきありがとうございます。
折角いらしたので、ぜひ僕からのコンテンツプレゼントをお受け取りください。

不定期でコンテンツを入れ替えますので、しっかりとチェックしてみて下さい
また、こんなコンテンツに興味がある! こんなことを知りたい!!なんてことがあれば、フォームなどで
お伝え頂ければ、頑張るかもしれません(笑)
どちらをゲット?
フォース基礎編コンテンツ 賢者の心理
上の画像をクリックしていただき、メールアドレスなどを登録していただければ
あなたのマジックをレベルアップする情報が、無料で手に入ります!


数限りなく発売されるマジックのDVD、それらの多くに目を通し
さらには、プロマジシャンの視点からのチョイスをご紹介します。
不定期メルマガですが、是非ご登録ください!
マジックメルマガ:DVDどうでしょう
プロマジシャンが「使えるDVD」を語っている数少ないメルマガです。

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • RSSを購読する

あなたの信用を担保してくれるものは?

僕らマジシャンは
大抵個人で動いております
つまりは、一人一人が社長業で
起業家で経営者って言えるわけです
もちろん私も個人事業主
 
そうなってくると、面倒になるのは
「信用」
ってものです
 
例えば、役者さんって大抵はプロダクションに
所属してますね?
そこにいる役者さんの信用を担保するのが
プロダクションのパワーだったりするわけです
 
何か問題が起こったとしても
プロダクションが、色々と行ってくれるわけです
ですので、芸能の世界では
どのプロダクションにいるのか、ということは
結構大事になってきます
 
もちろん、大きいから良い、というわけではないですが
わけの分からん馬の骨って所から
その人の素性や仕事を担保してくれる所が
あるというだけで、色々と有利に働くように
なることもあるわけです
 
ですので、プロダクションを辞めるっていうことは
後ろ盾を無くすわけで、同時に信用も元に戻って
しまうわけです
 
無くなるんじゃないですよ、元に戻るんですよ
 
まあ、そこまでに、明確なパワーを本人が身につけていたら
大きな問題にもならないのかもしれませんが 
 
さてマジシャンに振り返って
その人の信用・信頼を担保してくれるものって
なんなのでしょう?
→『あなたの信用を担保してくれるものは?』をもっと読む

レストランマジック研究所のコンテンツ

それほど外へ出歩かないのですが
マジック関係の方にあって
僕個人のことを知っている方に
お会いすることもあります
 
このサイトのことを伝えると
「知らない」人の方が多いわけです
 
まあ、アクセス確認したってそりゃあ
さもありなん、なのですが
 
サイトを知っている方で
僕にマジックの質問をされる場合に
答えが
「コンテンツでリリースしていますが?」
という場合も多くあります
 
つまりは、すでにリリースしている事柄に関して
質問されるってことがあるわけです
 
このサイトを知っていても、コンテンツを販売している
しかもそのコンテンツ内容まである程度
理解している、という方はそりゃあ少なくなるわけで
 
レクチャーなどでは、よく
「僕は基本的に、全て公開していますので」
と言います
 
マジックに関しては、特に
自分の演じるものはすべてと言っていいくらいに
公開しています
 
つまりは、その気になれば、僕をコピるのは
非常に簡単なことなのです
まあ、そんな酔狂な方もいないとは思うのですが
 
今回は、このサイトで販売している
コンテンツなどに関して、まとめておきたいと思います
→『レストランマジック研究所のコンテンツ』をもっと読む

ご質問に関して:練習の仕方

コンテンツご請求時に
ご記入いただくアンケートで
「マジックの練習の仕方について」
という物がありました
 
なかなか一人だと
効率的な練習ってものも
難しいのかもしれませんね
 
以前にも同様な質問があり
こちらのページも参考に
なるかと思いますので
よろしければご一読ください
⇒ アンケート:トリックの練習に関して
 
さて、せっかくですので今回は
もう少しトリック寄りの練習方法に関して
触れてみましょう
 
ただですね、おそらく皆さんの思っているものと
さして違わない答えになるかと思います
 
まずまもちろん鏡を使って
ってことになりますね
→『ご質問に関して:練習の仕方』をもっと読む

ポケットワーク、バックワーク

クロースアップマジシャンにとって
少々こだわりが出てくるものが
バックです
 
演技の際に、お客さんの前に
出ていくわけですが
バックを持っていくか
体一つで客前に行くか
なんてことにもかかわってきます
 
この辺は、個人の趣味にかかわってくるのですが
僕個人は、身一つで出ていくことの方が好みです
 
まあ、バック持って行った方がいろんなことができるのは
分かっていますが、今一つスマートに見えませんので
 
もう1つは、バックをどこに置くの?ってことにも
関わってきます
 
さて、ポケットにだけ物を入れてお客さんの前に
出ていく際には、ポケットワークなどと言われることに
注意をする必要が出てきます
 
これを詳細に語っていたら、それだけでかなりの分量に
なってしまうので、重要なポイントを一つだけ
 
物を入れるだけではなく、物をしまうスペースを
考えておきましょう、ってことですね
 
で、これと同じ考えをバックで行うアイデアを
読みました
非常に面白い「バックワーク」です
→『ポケットワーク、バックワーク』をもっと読む

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP