【レストランマジック書房:トリック翻訳ノート】 | レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

【レストランマジック書房:トリック翻訳ノート】

レストランマジック研究所では、海外で発売されているマジック関連書籍の
日本語版の出版権を獲得し、独自でのリリースをしています。
 
印刷したノート状の物だけではなく、PDFでの購入も可能なものがありますので
スマホやPCにダウンロードしておくことで、常に確認することもできます。
 
これからも、どんどんラインナップは増える予定ですのでお楽しみに!

 

Prophecy Moves And Effects:日本語翻訳冊子


イギリスのアンダーグラウンドマジシャンである、ジャスティンハイアムの小冊子。
テクニックだけではなく、巧妙なサトルティも
使いこなすカードの名手として
その名前は、密かに知れ渡っている
ベテランのマジシャンです。
 
書籍のサイズとしては小さいのですが、その内容に関してはギュッと詰まっている
カード好きには長く楽しめる1冊になっています。
 
プロフェシー・ムーブという、シンプルな技法ですが、その周辺にあるアイデアや
類似の技法などに関してもまとまっている、実はかなり濃い内容になっていて
一般の方相手から、マニアまで思わず引っかかるトリックも載っています。

 
 

A Cut Above the Rest 日本語版ノート


数多くの作品、商品、ノートをリリースしている
アルド・コロンビニ氏ですが
その中でも、彼の友人たちから
提供してもらった作品を多数掲載している
ノートになっています。
 
難易度は低く、作品の現象などは
バラエティーに富んでいるので
楽しめる1冊になっています。
演技動画も紹介ページにはアップして
ありますので、ご確認ください。

 
 

Killer Koncepts 日本語版ノート


1つのテクニックに焦点を絞って
トリックを作り上げていく。
簡単なようで、実はとても
難しい作業のはずです。
 
現象が偏ってしまったり
テクニックゆえに無駄な作業が
増えてしまったり・・・
 
コロンビニはこのような難しいチャレンジを3人のマジシャンで行いました。
 
ターゲットのテクニックは「ハーマンカウント」
このテクニックを中心に、いったいどれくらいのトリックが出来上がっているのか
ぜひお楽しみください

 
 

Fireworks 日本語版ノート


このノートの内容は非常に明快で
「連続したカード当て」です。
英語では、マルチカードレベレーション
と呼ばれ、多くのマジシャンが
演技のトリにおこなう
盛り上がるエンディングのトリックです。
 
単にカードを当てるだけではなく、そのカードのコントロール方法や
カードの示し方などは、この手のトリックだけではなく
様々な手順に利用可能なものになっています。

 
 

A Cut Deeper 日本語版ノート


第1段でリリースしたノートと
同じコンセプトのノートになっています。
 
世界中にいるコロンビニの友人から
非常にたくさんのトリックが集まり
その中から抜粋して
このノートにまとめられています。
 
難易度は易しめで、比較的シンプルな現象が
多い内容になっていますので
逆に自身の演出や演じ方をプラスできるような
そんな作品が多いと思います。

 
 

Baroque Cards日本語版ノート


今までのノートは、多くのマジシャンからの
作品提供をまとめたものになっています。
 
今回のノートは、コロンビニの作品のみが
まとめられているノートです。
コロンビニはFISMのクロースアップ部門で
受賞をしたことがあるくらいの、実力者ですので
その選択眼にかなったもののみがここに載っています。
 
でも、決して難しいものではなく、各作品に関しては
かなり演じやすいものが多いと思います。

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP » 【レストランマジック書房:トリック翻訳ノート】