マインド系 | レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

マジックと関連しない分野から学ぶ:TOC理論


他分野から学ぶというのは、当たり前の事柄だと思っています
マジックだからと言って、マジシャンだからと言って
マジックの事しか知らないのは、決してプラスではないはずです
 
とはいえ、何かの山の頂まで登った人なら
他の山の登り方や見える風景がどんなものかってことも
なんとなくは分かってくるものだと思っておりますが
 
僕自身は、山の頂まで登った感覚がないので
ある意味で手っ取り早く他分野から学び、マジックに転用する
ということの方を意識的に行います
 
簡単に言えば、怠け者なもので(笑)
学べるものは学んでしまいたい、ということです
 
そして、最近学んだ理論が「TOC」というものです
今さら?と言われそうですが、どちらかと言えば
製造業だったり、チェーン展開するお店で取り入れられる理論なもので
 
僕みたいに、自分一人で何かするって人には
あまり関係のない理論なのです
 
制約理論と言われるもので、この理論のような考え方で
自分のマジックやアクトを考えてみたら?と思ったのです
→『マジックと関連しない分野から学ぶ:TOC理論』の詳細ページへ

レストランワークにもコールドリーディングを


 
マジックの事柄や関連する事柄に関して
勉強熱心な人なら、1度くらいはこの言葉に
出会ったことがあると思います
「コールドリーディング」
 
メンタルマジックやメンタリストにとっては
非常になじみのある事柄だと思いますが
どちらかと言えば、占い師などのテクニックであると
感じている人が多いのではないでしょうか?
 
全くの初対面の人のプライベートな情報を
どんどん当てていく、そんなことをするための
テクニックであると
 
もちろん、そういったことへコールドリーディングを
使うことも可能ではあります

ただ、マジシャンはマジシャンとしての
コールドリーディングの使い方がありますし
レストランなどのリアルワールドで活動しているマジシャンなら
それなりの使い方ができますし、しかもそれは非常に
プラスになるはずです
→『レストランワークにもコールドリーディングを』の詳細ページへ

観客が意外に見ている4つのポイント


 
お客様の前に立ってマジックを演じる際に
自分で注意するのは、マジックそのものです
 
もちろんこれはマジシャンとして
当たり前のことですし
変わったことではありません
 
でも、目の前にいる観客は
あなたのマジックだけではなく
もっと広い範囲であなたを見ています
 
雰囲気、体勢、声の大きさ
表情や言葉のイントネーション等
 
人間はそういった情報に対して無意識に
判断を下したりして、あなたを分析していくのです
 
だた、上記の事柄はそうそう簡単に
変えていくことは難しいと思います
 
なので、僕自身の経験で
「そこまで見てますか!」と思った
お客様の見ているポイントをまとめてみました
→『観客が意外に見ている4つのポイント』の詳細ページへ

マジックの学び方とコンテンツ化の作法


どうやってマジックを
学んでいったらいいのか?
それに関しては
なかなかな難しい話でして・・
 
1つには難易度などもありますね。
昨今、かなりマニアックな情報に
簡単に触れられるので、そういった
コンテンツから先に触れてしまい
疑わないで身につけると
基礎を学んでないうちに、応用問題に取りかかる
ような状況になってしまいます
 
そうなると、その応用のトリックはどうにかなっても
他のトリックを身につけていく際には
また1から学ぶ、ってことになりかねません
 
または、その応用は身につけられても
そこよりも簡単と思われるトリックに対して
手も足も出ないってことにも
 
僕自身、比較的安全にというか、適切に
マジックを学んでこれたと思うので
その方法をお伝えしておきます
 
この方法は、書籍でもDVDなどでも使用できるもので
学ぶ対象のトリックだけではなく、テクニックやトリックに関して
広がりを持って学べます
 
さて、その方法ですが・・・
→『マジックの学び方とコンテンツ化の作法』の詳細ページへ

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP » マインド系