ビジネス関係 | レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

想像以上のダメージ・・・拒否

レストランで演技をしていると
必ずあるのが
「マジック、いらないよ!」
と、言われることです
 
単なるサービスですので
もちろん、このように
マジックのサービスを必要と
しない人がいたって普通なこと
 
でも、これ
マジシャンには案外ダメージで
連続で3テーブル位くらうと
もう帰りたくなります(笑)
 
じゃあどうするのか?
ってなってくるのですが
もちろん、いろいろな方法はあります
 
どちらかと言えば
西洋のマジシャンの方が
この手の方法を研究して
実戦を繰り返している感じがします
 
その理由は分かりやすく
向こうは、チップの文化なので
テーブルに入れる数がそのまま
手にする金額に比例するからです
 
そういった違いを意識しないで、理論書に書かれていることを
そのまま行うっていうのは
日本では危ない場合があるわけです
→『想像以上のダメージ・・・拒否』の詳細ページへ

どれくらいの準備時間を見積もるか

時間厳守は仕事をする
人間としては最低限の部分
 
では、どれくらいの余裕を
考えながら動くのか?
ってことです
 
これは、以前にもどこかで
お伝えしているかもしれませんが
レギュラーで飲食店などに
入るのでしたら、実際に店内に出る前の
15分くらい前には準備終了している位でしょうか
 
レストランなどは裏が狭いので
あまり早く入店しても迷惑がかかります
 
まあ、30分くらい前に入って
15~20分くらいでサクッと準備で
店内見渡して、最初の算段をつけるって感じ
でしょうか
 
では、いわゆる営業の場合には?
→『どれくらいの準備時間を見積もるか』の詳細ページへ

名刺をどうします?:The Approachより

久々に「The Approach」
から取り上げてみたいと思います

チャプターの名前はビジネスカード
つまりは名刺です
 
最近では印刷物って簡単に
作れるようになってきていて
普通の名刺なら、どれくらいでしょうか・・?
 
最小ロットで50枚か100枚程度
正直数千円程度の出費
僕自身、最初に作ったのは学生時代でした
 
なので、ちょっとした活動をしている人なら
持っているとは思います
 
ただし、持っていてもその目的とかは
分かっていますか?
→『名刺をどうします?:The Approachより』の詳細ページへ

大声の出し方:ボーリング場での経験から

今までいろんな場所で
マジックをしてきましたが
ある意味で一番つらかったのは
ボーリング場でしょうか(笑)
 
その当時で全国で約40か所くらいの
ボーリング場に一気にマジシャンを
派遣する、という仕事がありました
 
僕個人で、ということではなく
法人対法人での案件で
そのコントローラーの一端を
になっていた、という感じです
 
正直、僕はこの仕事をくぐり抜けてきたマジシャンを
ある意味で戦友だと思っていますし、また有能なマジシャンだと
思っております
 
周りを囲まれる状況下、ステージ・サロンサイズとクロースアップを
両方こなさなければいけないというリクエスト
時間内での移動と演技をこなさなければいけないマネージメント能力
(1日4店舗位移動する場合もありました)
 
などなど、パックスモール・プレイビックを
これでもかと要求される案件で、なかなか刺激的な
仕事でした

夕方位から動き出して、最後の店舗を終了するのは
午前2時くらいだったり
激しくも懐かしい日々です
 
それ以外にも、この案件は土日&祝日などで
ボーリング場を回るために、連休の時など
下手すると1週間くらい連続で
演技をし続けるってこともありました
  
マジックどうこうだけではなく、身体的にも
タフではないとできなかった仕事です
 
そして、慣れてない人が陥った状況として
「1日で声をからしてしまう」
というものでした
 
僕は?実は僕はですね・・・
→『大声の出し方:ボーリング場での経験から』の詳細ページへ

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP » ビジネス関係