yosuke | レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

カードマジック、当てていこう!

一般の方がカードマジック
と聞いて思い浮かべるのは
やっぱりカード当てだと思います
 
それ以外の現象って・・・
デックのトップに上がってくる
位のような気がします
 
当てると言ったら
1枚、2枚程度ですが
沢山の枚数を当てるってなると
迫力のある演技になりますし
十分に演技のトリになります
 
レギュラーデックで十分に
締まりますので
身につけておくと
便利な手順だと思います
 
この手順をきちんと研究していけば
カードのコントロール、フォースとプロダクション
と言ったテクニック的な部分だけではなく
観客のマネージメントや手順構成の勉強にも
なるはずです
 
と、言うことで
資料として手に入れやすい物を紹介して
おきたいと思います
→『カードマジック、当てていこう!』の詳細ページへ

カードマジック コロンビニ2連発

レストランマジック研究所から
リリースし続けている
コロンビニのノートですが
2016年だけで
4冊のリリースになりそうです
 
某方からは、もっとゆっくりで
いいんじゃないの?
って言われたので(笑)
2017年は年間で4冊くらいをめどに
していこうかと思います
 
あ、コロンビニノートだけね
他のものに関しては間をぬって
リリース出来ればとは思っております
 
さて、この次にリリース予定のノートは
「Fireworks」「A Cut deeper」
ですが、その内容に関しての動画をどうぞ
→『カードマジック コロンビニ2連発』の詳細ページへ

名刺をどうします?:The Approachより

久々に「The Approach」
から取り上げてみたいと思います

チャプターの名前はビジネスカード
つまりは名刺です
 
最近では印刷物って簡単に
作れるようになってきていて
普通の名刺なら、どれくらいでしょうか・・?
 
最小ロットで50枚か100枚程度
正直数千円程度の出費
僕自身、最初に作ったのは学生時代でした
 
なので、ちょっとした活動をしている人なら
持っているとは思います
 
ただし、持っていてもその目的とかは
分かっていますか?
→『名刺をどうします?:The Approachより』の詳細ページへ

クロースアップでのシルクマジック:そのサイズ

クロースアップでシルクを使った
トリックはそれほど多くないのですが
見た目が華やかになり
動きも起こるので
実際には、使えるようになると
非常に便利なアイテムだと思います
  
個人的にお勧めは
フォーサイトの?庄司氏の?
「いろかち」
は、非常に使い勝手があるかと
 
基本的な考え方としては、カメレオンシルクを
比較的簡単に行おう、というものです
 
僕も、バーノンズバーオーナーのルビー天禄氏の演技を見て
カメレオンシルクをクロースアップで演じてみたく
なりました
 
その際の考えなどをまとめて、二十世紀+カメレオンを
1つのギミックで演じるというアイデアがありますが
これはステージ用でして
 
クロースアップで演じるなら、いろかちが楽でいいです
 
恐らくこれをレパートリーに入れている人は多くないと
思うので、大人数で現場を動く際などには
ネタかぶりもなく、お勧めです
 
シルクを使ったトリックとして
他のものは・・・
→『クロースアップでのシルクマジック:そのサイズ』の詳細ページへ

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP » yosuke