yosuke | レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

ご質問に関して:アンビシャスカード

メルマガ登録時の
自由項目にお書きいただいた内容です
 
アンビシャスカードのテクニック及び
ギミック(ディーラーズアイテム)の
総括をお願いします。

 
なかなかハードな内容です
 
なぜハードかといえば、僕自身
ほぼアンビシャスカード現象を行わないから
というのが1つ
 
もう1つは、どこまでの範囲を
アンビシャスカードのテクニックや商品と
考えているのか分かりかねる
ということ
 
なので、僕の頭の中にある事柄で
なおかつ、参考になると思われることを
という、非常にゆるい範囲での
コンテンツになります
 
まずアンビシャスカード、に関してなのですが
恐らくはバーノンが発表した際に
このタイトルを付けたのが、最初なのでは??
 
それまでは、手順としてというよりも
単なる現象として、サインカードが上から現れる
的なものだったかと
 
ちなみに、バーノンの手順を知りたい方は
今は再販になっていますので、購入してみてください
もちろん英語です

 
この本に載っている手順が
ある意味厳密なものとしての
アンビシャスカードの手順
といえるものでしょう
 
 
→『ご質問に関して:アンビシャスカード』の詳細ページへ

感情の伝播:プラスもマイナスも

マジックを演じる人の中で
「ウケる」ということに対して
僕には奇妙に映るほど
執着する人がいます
 
もちろん、マジシャンの役割として
「場を盛り上げる」
という部分もあるのですが
それだけではないわけです
 
 
声を出して、キャッキャしてないとウケてない
と思う人もいるようなのですが
人によっては、頭を高速で回転させて
いろいろ考えることが楽しい人もいれば
マジックではなくマジシャンという存在と
会話することが非常に楽しいという人もいるはず
 
なので、どういったことをすることが
ウケているのかってことに対して
少々敏感になって行かないとダメですね
 
ということは、相手の感情がどうなっているのか
そこに対して敏感になっていくわけですが
人の感情は、実に多様な影響を受けるわけです
 
そんな中で僕が思うのが
感情の伝播とでもいえるもので
これはプラスにもマイナスにも影響します
→『感情の伝播:プラスもマイナスも』の詳細ページへ

コッソリ販売しています

レストランマジック研究所では
いくつものコンテンツを販売
しているのですが
基本的にリピーターさんが多いです
 
まだまだ知名度が無い
というのもあるでしょうから
どうぞ、今までにご購入された方
周りのお友達にご紹介ください(笑)
 
さて、それなりにコンテンツが買える状態に
なっているのですが、実はさらに
メルマガ内でしか売ってないものもあります
 
特に深い意味もないのですが
ページ更新を怠ってしまい、という感じでしょうか
また、一部リフィルを必要とするものもあるので
そのあたりの事柄に関して、ちょっとまとめておきたいと思います
→『コッソリ販売しています』の詳細ページへ

疲労のポイント:レストランワーク

マジックに興味を持ったり
チャンスがあってレストランなどの
ホッピングをやってみる
なんてアマチュアの方もいると思います
 
自由度が高いのでしたらいいのですが
とにかく演技をこなさないと
いけないような現場の場合
まず驚くポイントになるのは
 
「とんでもなく疲れる」
 
ということではないでしょうか
 
何が疲れるのか?
という点に関して、マジックをすることが疲れる
と思われるかもしれませんが
個人的な経験としては、まずは足が疲れます
 
そして次に、のどが疲れます
その次くらいに気が疲れます
 
マジックそのもので疲労感を感じる
ってことは、まずないです
 
逆にマジックで疲労感を感じていては
職業としてやっていくには、マジックポイント(?)が
すくな過ぎると思います
 
さて、もう少し、細かく考えてみますね
→『疲労のポイント:レストランワーク』の詳細ページへ

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP » yosuke