カードテクニック:ラブバニッシュ | レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

カードテクニック:ラブバニッシュ


コンテンツご請求時
アンケートに記載いただいたものです
ラブ・バニッシュ(どうしても自分で消えたように見えない)
確かに、ラブバニッシュって上手い人が行うと
本当に消えたように見えますからね
 
正直、僕も昔はうまかったのですが
何かの拍子に、急に下手になって(笑)
それから数年は、やってなかったですね
 
で、また練習して普通程度には使えるように
なったかと思います
 
ラブバニッシュで覚えているのは・・・
マジックランドが、旧店舗の時に
そこにたまたまいた外人さんが、ラブバニッシュをしてたのですが
ちょっと変わった方法でして
 
ただ、すごくきれいに消えているので
「ママ、この人、カード上手いね」
って言ったら、ランドのママが
「小林君!あなた、誰だか知らないの?」
と言われ、本当に知らなかったのですが
それが、あのアルマンド・ルセロ氏で、その後いろいろと
見せてもらった、というのが思い出です(笑)
 
FISMゲストレベルに「上手いね」と言った自分を
少しだけ怒ってあげたいですね
 
さて、ラブバニッシュですが、下手になる前は
感覚だけでやっていたのですが
今は、ちょっとだけ、意識している部分はあります

さくっと撮ったものなので、見にくいですが
僕のはこれくらいです

上手いか?ってなると、普通だと思っておりますが
お客さんからしたら、十分に消えて見えているはず
 
さて、僕のコツですが
一つは、右手の薬指と小指の間にカードの残像を残すようにすること
ですね 
小指を閉じてから、カードを動かすということです。
 
で、左手は、カードを引きつつ立てる、っていう部分も大事
これはカードの移動距離を稼ぐため
 
ここの分だけでも意識すると、だいぶ違って見えるかと
後はホンとに、呼吸の問題だったりするので
たった一瞬、何かリズムが異なっても、消えた感が薄くなることは
よくあります
 
で、自分が見ている物よりも、観客の目に届いているものは
消えたように見えていると思います
 
ここは
「知って見ている」と「知らずに見ている」の差が
ある部分ですので
 
あと、実はフラットな所で行うよりも
少し湾曲した所で行った方が楽なんですね
なので、自分の太ももあたりにカードを乗せたイメージで
行ってみると、テーブル上よりも消えたように見えるはず
 
相手の視線がどこに集まるか、ってことを意識できれば
そこにイリュージョンを効かせることで
だいぶ消えたように見えるはず
 
僕の場合、小指の部分ってことです
ここを見ていると、手の下にカードがあるように
錯覚するわけです
 
リズムやタイミングが合っていれば、素早く行う
必要もなくなります
テクニックではなく、そういった「間」の部分も
意識してみると、自分で見ていても消えたように
見える瞬間が出てくると思いますので
お試しください



 
今回の記事が、あなたの役に立ったのでしたら、ぜひクリックを!!

手品・マジック(趣味) ブログランキングへ

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか?

関連記事のページも合わせてご確認を

この記事へのコメント

レストランマジック研究所  戦略と戦術をお持ちですか? TOP » アンケートの質問, カードマジック » カードテクニック:ラブバニッシュ