メインイメージ

「マジックを見ますか?」 
と聞いたらお客は鼻で笑った・・・
でも、手も触れずに1枚のカードが
動いた瞬間に、その目は大きく
見開かれ、驚きを隠しきれず
息をのんでいた。

レストランやバーなど、マジックを見る準備の無い
お客の心をたった30秒で釘づけにしてしまい
大きな驚きの声を上げさせる事をやってのける
そんな自信が、あなたにありますか?

マジックを演じてきた経験がある人、しかもそれがあらかじめマジックが演じられることが
前提になっている場ではなく、自分から観客にアプローチして、マジックを見てもらう
そんな大変な状況を味わってきたでしょう。

そして、そんな状況下で一番つらいのは、マジックを見てくれない事。
大抵のお客さんはマジックを「子供だまし」「タネを見破れる」と思っ ているので
真面目に見てはくれません。

もし、そんなお客さんを一瞬で打ちのめして、目の前にいるマジシャンの事を
「本当 に不思議な力を持っているのでは?」
と思わせる。そこまで行かなくても、今まで見たこともないようなマジックを操る
一流のマジシャンだと信じてもらう事ができれば、どれだけ楽でしょう?

逆にそんなビジュアルで強力なマジックを手に入れなければ、いつまでたっても
テーブルに行く度に、鼻で笑われながらマジックを続けることになるでしょう。

あなたは、どちらのマジシャンになりたいですか?

レアキャラのマジシャン?

このページにお越しいただきありがとうございます。プロマジシャンの小林と申します。
個人的には「レストランマジック研究所」というマジックのHPも運営しています。

もちろん、マジシャンですので演技も行いますが、基本的にエンドユーザーからの仕事を
受けることは少なく、他のマジシャンが営業でお店からいなくなる際に、そのお店に出演
することが多いです。

マジシャンを通常入れているお店に出演することは、ある意味では楽であり、ある意味では
非常に厳しい場でもあります。
なぜなら、常に

「他 のマジシャンと比べられてしまう」  

からです。

通常マジシャンは、レギュラーのお店を持っているものです。
例えば、月曜日には六本木にある○○というバー、火曜日は銀座の△△というクラブ
水曜日には新宿の××というホテルのラウンジと言った感じです。

人によっては1日に2現場こなす、なんてこともあるでしょう。
もちろん、僕もそうしていた時期がありました。でも決定的に違うのは、レギュラーの
お店を持っていなかったことです。

誰か代打が必要なときにはそのお店に駆けつける、そんな代打稼業でした。
そういったお店で、よく言われたのは

「小林君、何曜日が空いているの?」
とか、お客様からも

「君は何曜日に出演しているの?」
と言った言葉でした。

特定の曜日に特定のお店に出ていることのない僕は、いつのころからか
レアキャラ(笑)などと呼ばれるようになりました。
それでも、若いころから世話をしてくださった方のオファーは断りきれず
ほんの数店のみ、レギュラーで出ていた時期もありました。

何でそんなことを言われるのか?
僕には理由が分かります。それは決定的に
「他の マジシャンと演じていることが異なっているから」
でした。

使用しているテクニックであったり、手順であったり、ギミックであったり
他のマジシャンとは一線を画していたと思います。

その中でも、他の人が特に使用していなかった物として「インビジブル・スレッド」が
ありました。

確かに扱いは面倒だし、使う状況は選ぶし、準備もチマチマと必要なので、常時使う人は
少ないですね。ステージで使用する人はいても、クロースアップでは特に少ないでしょう。

でも、周りの人が使っていないということは、常連のお客さんも見たことのないトリックを
演じられるマジシャンになるわけです。そのために非常に重宝される代打マジシャンとなり
お店によっては、お店の人が「今日はラッキーね、小林君だよ」と言われるようになりました。

短期決戦のハードさ

じゃあ、他の人が演じないようなトリックを演じられれば、代打として重宝されるのか?
と言われると、難しい所があります。

元々入っている人の、マジシャンとしての腕も関係してくるからです。僕の場合には
かなりどっぷりとマジックに使っている時期が数年間あったために、マジックに関しての
知識、テクニック、マジシャンとのかかわりを身につけていたので、その点もまた
他のマジシャンと一線を画す部分だったと思います。

しかしながら、もっと重要なことは

「認めてもらう事」

なのです。

これは、お店の方にも、お客さんにも、です。

代打で入ったマジシャンは、その初回で基本的に全て判断されます。
お店の人に対しての振る舞いや、お客さんへの対応、リアクション、マ ジック・・・
レギュラーではないからこそ、たった1回で判断されます。

非常に短期決戦で事を進める必要があるのです。

そして、お店の人にとって、始めてお店に来るマジシャンは全くの他人であり
外部の人間です。正直、疑心暗鬼の目で見ていることでしょう。そこで評価をもらうには
自分が想像しているよりも、大きめのリアクションをお店の人に見せる
必要が出てきます。

これは、たまたま演じることになったレストランなどでも、まったく同様です。
「マジック見ます?」とお客さんに言って、Yesをもらった後に、できるだけすぐに
自分が「マジシャン」であるという事を分かってもらう必要が出てきます。

つまり、お客さんにマジシャンとして「認めてもらう」わけです。

これは、言葉で言うよりも、見たこともないようなマジックを演じることが
ベターだと思います。

このために、手続きの長いトリックを演じる時間はありません。
一瞬で現象が起こり、相手の記憶に残るような強烈なインパクトを叩きこみたいのが
実情です。

相手が最初から、こちらのマジックを低く見積もってみているのですから
普通のトリックを演じても、100%で伝わるわけではありません。だからこそ
最初に強めのインパクトを持った、不思議なマジックを演じたいのです。


こういった点を考えても、スレッドを使ったトリックは都合がいいのです。
見たこともない、魔法としか思えない現象が起こせるからです。

どんな現象が行えるかと言えば・・・

  • 借りたお札が目の前で浮いてしまう、そしてそのまま相手の手に戻る
  • デックの中に入れたカードが、ひとりでに出てくる
  • 指輪が空中にとどまる

などです。

マジシャンとして認めてもらうためには、十分な現象でしょう。しかし、全てのトリックが
簡単にできるわけではありません。スレッドを使ったトリックは、強力であると同時に
非常に危険なものです。

その中でも、比較的演じやすく安全なものが「ア ニメーション現象」です。
つまり命無きものに、命を吹き込み、生きているかのように動き出すものです。

そして特に僕が得意なのは、カードを動かすこと。
デックの中に入れた相手のサインカードがひとりでに動きだしたり、垂直にせりあがったり
場合によっては、ひっくり返ります。

マジックを見たことない人なら、どんなマジックでも驚くでしょう。でも、僕の演じる
スレッドのマジックは、見慣れた人さえ驚きます。

そして、一番パワフルに効くのは、マジックを甘く見ているお客さんです。
「所詮は子供のお遊び」と考える人は、今でも多くいます。しかし、自分の目の前で
小さなことかもしれませんが、信じられないことが起こるのです。

しかも、その瞬間にマジシャンが何かをしているそぶりもなければ、その前後に
何かをしている感じもありません。現象が起こってすぐにカードを手に取っても
何もないのです。

恐らくお客さんはパニックでしょう。確実に自分の想像を超えたことを起こすマジシャンが
目の前にいると思います。

もちろん多くのマジシャンたちが、僕の演技を見て、同様の事を演じようとしてきました。
でも、演技ができるようになったマジシャンは皆無です。

なぜなのでしょう?


それは特殊な道具が必要だからです。しかもこれは売っているわけではありません。
市販されているものを改造して、自分に合うようにチューンナップし、独自の物を使って
いるから、観客にもばれず、マジシャンたちでさえ気がつかないギミックとして
使用できるのです。

100万円の価値があるギミック

一言で言ってしまえば、インビジブルスレッドリールなのですが、これを1から改造し
カードを動かすエフェクト用にチューンナップします。

とあるレクチャーで、100万のレクチャーというものがあって、その中心の事柄が
この特殊なリールに関することであった、という事もあるようです。

ただ、その100万の中にはリールのメンテナンス代など、ライフタイムバックアップを
してくれる部分も含まれていたり、恐らくは衣装代も込みなのだと思います。

それを考えると、この100万もあながち高い金額ではありません。
いや、むしろ、他の人が絶対にできないようなトリックが確実に手に入り
そして壊れたら、確実に修理してもらえるという保証がついているわけですから
安いと言える部分もあるでしょう。

僕が今回お伝えする方法ですが・・・

  • リールの改造の方法を1からお伝えします
  • 服装の制限は、ほとんどありません
  • セットアップは非常に簡単で、繰り返し演じられます

上記のような特徴があります。

恐らインビジブルスレッドリールを扱った事がある方なら、上記のポイントがいかに
重要な部分か分かると思います。

インビジブルスレッドリールを扱った事のない方のために、もう少し詳細に解説します。

1:リール改造とは?

市販のインビジブルスレッドリールの欠点は2つあります。1つはスレッドそのもの、1つは
そのテンション(巻き取りの力)です。

この2点をどのように変更・調節すればいいのか、実際に作業をしつつ解説をしていきます。
必要な道具、材料など今までに多数のリールを改造してきたからこそ分かっているノウハウを
実際に作業をしている所を撮影しつつお伝えします。

間違ってほしくないのは、全てのインビジブルスレッドリールが欠点だらけなのではありません。
正直高価なものは、非常に高品質ですが、実は価格とサイズがほぼ比例します。

つまり、良いものは大きいのです。これだと使い勝手が悪いので、小さいものを使おうとすると
先ほどの欠点が上がってきます。

この欠点をカバーする方法を身につければ、どんなリールでも自分に合うようにオリジナルな
状態にできるわけです。さらには、自分の手で修理・改造できるようになるので、長く使える
ギミックになります。

2:服装の制限とは?

インビジブルスレッドは非常にデリケートなものであることは確かです。

目を凝らさないとまず見えないくらいのものですので、扱いは慎重になります。
そのために、特殊なポケットなどがある衣装を着て演じるのが、リスクの軽減になります。

ただし、これはこれでいいのですが、逆にこの衣装を着ていないと演じられないという事に
なってきてしまい、気軽に演じるという事は難しくなってしまいます。

今回紹介する方法ですと、ほとんど服装の制限はありません。僕は男性なので、女性の場合には
少し考えないといけない場合もあり得ますが、ちょっとした作業で終わるでしょう。

僕自身は、海外のコンベンションで、このスレッドのセットをしたまま、ほぼ丸1日
普通に過ごしていたことがあります。コンテストやショーを見るのも食事も問題ありません。

唯一、トイレだけは、ちょっと注意が必要です(笑)。

3:セットアップの簡単さ

スレッドのトリックは、準備が面倒というイメージがあるでしょう。
ただ、リールを使い、切り捨てるようなものでは無ければ、それほど不便なものでもありませんが
僕の方法だと、正直30秒で準備完了です。

これで演技は連続で行える状態になっています。

何よりも驚くのは、友人のマジシャンたちです。いつの間にかセットアップされていているので
「洋介、いつセットした!」と言われることもたびたびです。

また、複数個のギミックを作ってありますので、仕事で使う以外のバックにもギミックを
入れているので、どこかに遊び行った時でも、すぐに対応できます。

また、もし1つリールのスレッドがなくなったとしても、すぐにほかのリールをセット
し直して、演技を続けられます。

僕は安全のために、仕事のバックには、このギミックを2個ずつ入れておくようにしています。

つまり・・・

いつでもどこでも

素早く相手の呼吸が止まるほど の現象を

簡単に演じられます。

ではコンテンツの内容は?

ご提供するコンテンツは、動画コンテンツです。

決済終了後に、コンテンツのページURLおよびパスワードをお送りさせて
頂きますので、ログイン後ご覧ください。

動画の時間ですが、約90分弱。ほぼリールの改造をそのままで撮影しているものです。
僕自身がどのように改造するのか、その流れと手順、また注意点も実際に見ることになります。

もう少し具体的に・・・

  • リールの改造をする際に、準備する道具は?
    意外なものも必要になりますので、全部準備してから改造をスタートしないと
    実は二度手間、三度手間になる事があります

  • 意外な素材とその入手先
    動力ゴム、消音材、これらは完全に交換することになるのですが
    入手先は意外に身近な所で大丈夫です

  • もしパーツがなくなったり、壊れていたら?
    基本的には安いリールを改造するので、パーツがダメになっている可能性もあります
    その場合には、代用のパーツを手に入れることになりますが、それも解説しています。

  • 安定したランディング(回転)をさせるために必要な事とは?
    完全解体後、1度はこの作業をしておかないと、安定して回転せずに、すぐにスレッドが
    切れてしまう可能性が、格段に上がります。

  • 動力ゴムをボビンときっちり固定するための小さなひと手間とは?
    安定して回転しない理由の一つに、動力ゴムの固定が緩いという事があります。
    簡単なひと手間をかけることで、確実に固定ができます。

  • 動力ゴムを固定している黒いゴムが切れてしまったら?
    価格の安いリールは、素材自体のコストが抑えられています。でも、代用品の
    アイデアをコンテンツ内でお伝えしていますので、よりオリジナルのリールを製作する
    事も可能です。

  • スレッドを巻きなおす際に注意しなければいけない点
    ボビンにスレッドを巻きなおす際に、何も考えずに行うと、使うたびにスレッドが
    切れやすくなります。それを意識的に避けるため、注意する点とその実行方法も
    動画で解説。

  • マジシャンズワックス? そんなものをいつまで使います?
    実はマジシャンズワックスは、非常にコストがかかります。
    しかも、体にセットするには不向きです。もっと安価で簡単にセットでき
    便利なものを紹介しています。

  • 安定したランディングをさせるために、セット後に注意すべき点は?
    スレッドも巻き終わって、ボビンをセットしてからが、微調節の大切な点。
    ココを雑にすると、予想しない時に不具合が起こります。

ほんの一部を書き出してみましたが、他にもまだまだあります・・・

動画コンテンツは全部で5つ。自らの改造と同時進行で見て行ってもいいですし
まずは一通り学び、必要なものを買い揃え、そして改造に入ってもいいでしょう。

まさに100万円のレクチャーで伝えられた内容のコアになる部分でしょう。
そのレクチャーでは自作するわけではなく、与えられたので高額になってしまいますし
また、修理に関しても保証してくれている価格です。

今回のコンテンツでは、皆さん自身にこのギミックを作るための材料、流れ、必要なもの
テクニックを全て公開し、何かあっても自分で修理できるスキルを身につけてもらいます。

そのために、価格はぐっと安くなっています。本当はもっと高価でも問題ないものだと
思っています。だって、プロのマジシャンとして、十分にお金になるトリックを手に入れる
事になると分かっていますから。

もしあなたがこのスキルを身につけておけば、いくらでもギミックを製作できるようになり
スレッドが切れないかびくびくしながら演じる必要はなくなります。
堂々と、自信を持って、パワフルなエフェクトを演じられるようになるわけです。

僕自身、このギミックのおかげで、海外に行っても驚かれるマジックを演じることが
できるようになりました。

しかも、一般の人相手に驚かせるだけではなく、マジシャンさえも驚くのです。
そのマジシャンたちだって、そこらのマジシャンではなく、世界的にも名前の知られているような
マジシャンばかりです。

アメリカに行ったときには、カードテクニック「シェイプ・シフター」で知られている
マーク・デ・スーザが僕のトリックを見て
「そん な動きをするものを見たことがない!」
と驚かれました。

また、商品「デミニッシング・リターンズ」の考案者マイク・パワーは彼がカードマジックを
演じた後、そのデックのまま演じたので、動いた瞬間にハトが豆鉄砲を食らったかのような(笑)
驚きあふれる表情をしていました。

また、国内コンベンションでも、現在すさまじい勢いのある韓国マジシャンたちが
何かやってくれとデックを出してきたので、すぐにカードを動かしたら大声を上げ
「この コンベンションの中で、一番驚いた!」
と言っていました。

リールの改造は、決して僕オリジナルのアイデアではありません。すでに東京堂出版の
「クラシックマジック事典2」において、ふじいあきら氏がその方法を解説しています。

ただ、今回のコンテンツはもちろんそこで解説されている方法そのままではありません。
いうなれば、その本の中身は料理のレシピのようなもの。人によってレシピは若干変わります。

しかも、このコンテンツの特徴は実際に 改造している所をそのまま写している、という点です。
レシピだけではなかなか料理は上手くなりませんが、料理学校へ行って実際に目の前で調理を
している所を見ることで、様々なコツもわかり、料理の腕は上がりやすくなります。

内容に関しては、あくまでリールの改造方法になり、その使用方法やセット方法などは
お伝えしておりません。ただ、ここまで読んできている方はすでに僕の演技を何らかの形で
見ていると思いますので、カードのフックアップ、それに伴うセット方法などは
透けて見えてくるとは思います。

本だけでは学べない、その改造のコツ、今なおこの改造リールを使っているからこそお伝え
できるその内容になっていると思います。

レストランなどで短期決戦したい方、一気に観客を注目させたい方、近くのマニアからも
驚きの声を上げさせたい方は、このギミックをお勧めします。

本当に使えるITRを手に入れます!

All about Practical Invisible Thread Work リール改造編

動画コンテンツ
    右の画像はイメージで、DVDでの
  お届けではありません。

価格:¥6500

お申し込みはこちらから

クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。
クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。

E-BOOKイメージ

【特典1】改造に必要な素材入手先をお伝えしています

マジックで重要なものは、その素材です。
なかなか手に入らない物を利用することもよくあります。
そういった事からも、簡単に買えるように、素材のリンクをコンテンツページにすでに
記載してあります。

特に、何を流用できるのか分かりにくい動力ゴムと、動力ゴムを止める円状のゴムに
関してリンクを貼ってあります。

もちろん、個々人によって調節の度合いが異なりますので、この素材を使わなければいけないわけではありません。
ただ、1つの基準にしてもらい、独自のリールを手に入れられるようになるはずですので
この情報も、ぜひ活かしてみて下さい。

【特典2】リール改造後、その使用感と後日談を音声に収録

実際に動画中で製作したリールを演技に使ってみての感想を音声で収録しています。

実は結論から言うと、かなりの部分を直すことになったのですが、その理由やチェックした点、注意点などをまとめました。

最初は動画に撮ろうかと思ったのですが、実際に行っている作業そのものは
コンテンツ内容と全く変わらないので、その修正を行うに至った経緯や、修正点など
が分かれば、それで十分と判断し、音声での特典とさせていただきます。


今まで、ごくわずかの知人たちに、このコンテンツの中で明かしている秘密を伝えてきました。
しかしながら、まだまだリールの改造が自力で出来る人は、ごくわずかです。

この後に、このリールを利用したトリックの解説をしたいのです。通常マジックのレクチャーは
そこが中心なのですが、それをしても、このギミックがないことにはまったく意味がないのです。

ですから、その前段階として、ギミック製作スキルを上げる、その秘密をココにまとめて
動画コンテンツとしました。

今後、さらにインビジブルスレッドのコンテンツをリリースしていく予定です。
このリール改造のスキルは非常に重要なものになってきますので、ぜひ習得してください。

お申し込みはこちらから

僕のメルマガ読者の方は、僕がリリースしているコンテンツを購入し慣れていますので
そんなに疑問点は無いと思います。

もし疑問があったとしても、質問のメールをすれば、比較的にすぐに返事は返ってくるし
対応もしてくれることを知っているので、不安もあまりないでしょう。

ただ、初めての方は疑問があるでしょうから、よくある質問にお答えしておきます。

Q.

決済方法は何ですか?

A.

決済はPaypalまたは銀行振り込みです。
Paypal決済とは、決済時に相手へメールアドレスのみを伝えることで
決済可能になるシステムです。アカウントの取得が必要になりますが、現在
日本でも普及してきているシステムですので、この機会にアカウントを取得される
事をお勧めします。Paypalが使えると、海外からも簡単にマジックを購入
できます。

ちなみに、Paypal決済の場合には決済直後にメールでコンテンツページを
お伝えします。銀行決済の場合には、決済確認後にメールをお送りしますので
少々お時間がかかる可能性があります。

Q.

インビジブルスレッドリールを使うのは初めてなのですが・・

A.

既にリリースしているコンテンツとして「All About Practical Invisible Thread Work」があります。恐らくそちらから学んでいただいた方が、よろしいでしょう。

イメージとしては、教習所の学科のようなものです。
今回のコンテンツは、車のそのものの特性と、自分好みの状態に改造する
テクニックを身につけることです。

十分に学んでから、実際に走り出すこと(お客さんの前で演じる)を
してもいいでしょう。

むしろ、スレッドの使用をあきらめる人は、十分な知識と、適切なスキルを持ち合わせていないために、使いきれなくてあきらめていると思います。

Q.

インビジブルエラスティックスレッドは取り扱いますか?

A.

いわゆる、伸縮性のあるもので、目に見えないくらいの細さの物を
インビジブルエラスティックスレッドと言いますが、今回のコンテンツでは
扱いません。

今回のコンテンツでは、ITR(インビジブルスレッドリール)の改造方法と
その流れを解説しているものです。

Q.

どうしてもスレッドがばれるのですが・・・

A.

大きく2つ理由があります。

1つは、物理的に見えている。つまりスレッドのそのものが本当に観客に
見えてしまっている状態です。これに関しては、もう1つのスレッドコンテンツ
である「All about Practical Invisible Thread work」で注意点を解説して
いますので、そちらで勉強をしてみてください。

もう1つの理由として、スレッドが見えなくても、スレッドの存在を感じる
動きになっているという事です。これはリールなどのギミックの性能を上げておくか
(機能の問題ではない事に注意です)、ハンドリングを注意するという事です。

今回ハンドリングに関しては扱いませんが、ギミックの性能の上げ方に関しては
ほぼ自由に変える事ができるようになります。

Q.

どのリールがいいのでしょう?

A.

コンテンツ中でもお伝えしていますが、改造に関しては一発で上手く行くとは
限りません。そのために、あまり高価ではないリールがお勧めです。
何個か作ってみることで、完璧にスキルを身につけることができるでしょう。

昔は1万円近いリールなどがありましたが、現在では、数千円も出せば同性能で
もっと小さなリールを手に入れることが可能になりました。
そういったリールだとあまり改造の必要はないかもしれません。
スレッド交換時の注意や、テンションの調節などは役に立つコンテンツ内容だと
思います。

かつて、とある有名なマジシャンの方から
「クロースアップマジシャンは、クラフトマンでなくてはいけない」
と言われたことがあります。

つまり、何か物を作れるという事は、マジックを演じていく時には必要不可欠な
スキルなのです。

そして、不思議なことに何か1つの分野に対して慣れることで、何か全く別の物を作るときや
修理する際に、不思議と適切な素材や方法が思いつき、そして修繕のスキルを駆使することが
できます。

強烈なトリックを支えるギミック、それを自作することで、自分の演じるマジックの現象への
自負のようなものを持てるようになります。その自信もまた、演者の目を引き付ける
マジシャンのオーラとなり、お店の人が信用をしてくれる1つの要素となってくれるでしょう。

繰り返しますが・・・

このコンテンツは、リールの改造部分だけです。
スレッドに関してライティングに関してなどは、すでにリリースしているコンテンツに任せて
あります。

その知識をもってしての、ギミックの製作になる事を忘れないでください。

そして、スレッドのハンドリングに関しては解説していません。このコンテンツリリース段階で
まだ予定ですが、後日ハンドリングに関してもコンテンツをリリースするつもりですが
このギミックあってのハンドリングです。まずはギミック製作のスキルを身につけて下さい。

また、このギミックで様々なトリックを演じられるようになりますし、それらは強烈な
エフェクトばかりです。だからと言って、そのエフェクトに頼ってしまうと、あなた自身が
そこになくなってしまい、結局観客に飽きられてしまいます。

マジックのパワーは重要ですが、パワーだけに取り込まれないように、注意してください。

お申し込みはこちらから

追伸1

マジックは驚きだけではありません。でも、お客さんに想像以上の驚きを与えることは
レストランやバーと言ったリアルの場で、マジシャンとして認めてもらうには、あるいみ
必要なことになってきます。

まずは、このギミックを使った現象を相手に見せて、今まで見たこともないマジシャンであると
認識されてから、あなた自身をアピールしていってください。

オープニングで外さないインパクトを与えられる。
これは大きな自信につながるはずですので、上手く活用していってください。